寒波の中、ニジマスをゲッチュ!








b0047412_16495610.jpg

急な寒波で冷え込み、午前は川には魚っ化が全くありませんでした。午後には水が温み、3時に再び他の川に入ると、小魚の姿を確認できました。しかし、新燃岳の噴火の影響で川底が灰でグレー状態でした。暫時遡上し、堰堤前の瀬のポイントで#10ドライフライを流したところ、モワッと出ました。しばらくやり取りし、引きを堪能し無事ネットイン。尺に1センチ足りない堂々としたニジマスでした。本日は、この1匹だけでしたが、冬の1匹は貴重です。ボウズ覚悟でしたので、満足!


[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-11-16 08:33 | 釣果

ソルトウォーターフライフィッシングでカマス

b0047412_22135242.jpg
友人の誘いで阿久根まで海釣りに行ってきました。10時に到着。先行していた友人は、仲間とタチウオやカマスを既に多数ゲット。もっと早く来んと時合は終わったバイと言われました。ティペットに2号フロロを結び、第一投。ラインは#6タイプ6です。50カウントほど沈めてリトリーブ開始早々、強烈な当たりがありましたが、根に潜られました。強引に引いたところ、フライラインの先端から切断。気を取り直してフロロライン2号を結びつけ、バックテイルのついたミノーをキャスト。岸壁際までリトリーブしたところで写真のカマスが釣れました。この後、中々渋い中、リーダーを結び直し、フライも実績フライを貰う等、友人の指南よろしく、2時間ほどで6匹のカマスを釣ることができました。めでたし。指南役がいると安心です。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-11-05 22:16 | 釣果

連休終盤の椎葉釣行

b0047412_22150980.jpg
本当は連休前に行きたかったのですが、急な仕事や家事都合により5月6日の釣行になっちゃいました。耳川本流は人が多いと考え支流二つを回り、最初の源流で、堰堤下のプールにてまあまあの7寸強が釣れました。2番目の支流は入渓に手こずりましたが、小さなヤマメがほどよく遊んでくれました。ちなみにロッドはブルックトラウトでした。

[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-05-13 22:15 | 釣果

30年来欲しかったORVISブルックトラウトゲッチュ

b0047412_18514766.jpg
20代のころ、ショップで素振りさせてもらい、すごく柔らかいカーボンロッドの印象を持ったORVISのスーパーファインシリーズ、ブルックトラウト。当時もほしかったのですが、結局、その時はヤマメ狙いにはもっと低番手の思い込みがあり、ウルトラファインを購入することに決めました。その後も、ロッドの感触に対する憧れは持ち続けながらも、縁がなく購入することなしに現在に至っておりました。しかし、このほど、オークションにて安価で手に入れる機会を得まして、念願のブルックトラウトを所有することになりました。手元に届いて早速、素振って見ると、当時の印象そのままです。バンブーロッドをほうふつさせる、しなやかアクション! ただし、グリップが私には少し太めのため、最大径24mmから22mmへ削りました。これにより私仕様のブルックトラウトになりました。次の釣行で使ってみたいと思います。どんなキャスティングフィーリング、釣り味か楽しみです。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-04-22 18:53 | タックル

2017年ヤマメ始動

b0047412_18365239.jpg
2017年の解禁は椎葉の渓流からスタートしました。寒の戻りで肌寒い日が続いていましたが、本日は少し暖かくなり、昼前に釣り開始した時にはミッジがチラホラ飛んでおりました。まずはウエットにて釣り開始。暫時流していきましたところ、当たりがありましたがヒットに至らず。3回目の当たりを捉えヒットしたのは15センチほどの痩せヤマメでした。1時間ほど釣り下りながら流しましたが結局当たり4回のうちキャッチできたのはこの1匹のみでした。河原で昼食をとり、周りを眺めていると、いろいろ飛んでおります。12番くらいのメイフライもたまには見かけましたので、今度はドライフライで釣り上がりました。色々フライを試しライズの形態から反沈みフライが良いと判断し、ドライフライで初のヒット。胃の内容物をストマックポンプで見たところ大小色々と食っておりましたので、そのままのフライで通し、結果、まだサビが少し残っておりますが18センチほどのヤマメが8匹釣れました。次は川辺の大ヤマメでも狙いに行ってみるかな。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-03-12 18:37 | 釣果

2017年の初釣りはジャスト50センチのニジマス

b0047412_18260780.jpg
37センチのニジマスを釣ったポイントにて、またまた、やっちゃいました。念願の50センチニジマス!!
所用にて2時間ほどの時間しかとれない中、午後2時に池に到着。しばらくルアーなど投げるも反応なし。すぐにあきらめ里川へ向かい、ウエットフライを3本セットしてのドロッパーシステムで、実績のポイントへまずはこんなもんと第一投、キャストし暫時スイングさせ、ゆっくりとリトリーブ開始、小さな当たりらしき反応があるも、そのままリトリーブ続行し、 次のキャストをしようとロッドを立てたところ、なんと第一投目から食ってました。見ると巨大です。少し興奮し、逃してなるものかと、引きをこらえたところラインブレイク!あえなく逃してしまいました。シルバーマーチブラウンがドロッパーの結び目から無くなっておりました。
大物が潜んでいることは分かったため、ティペットを1.5号から2号のフロロラインへ交換し、ドロッパーにはブラックのゾンカーフライを結び、何回も何回も流し、半ばあきらめかけたところ、きました!再びヒットー!でかい。今度こそはとるぞと、慎重にやりとりし、寄せようとしますが、でかすぎます。上流からの寄せのため水流の押しで中々寄りません。ロッドも竹竿(ディカーソン8013コピー)のため竿は満月状態。しかも、まさかこのような大物が釣れるとは思ってもいなかったためネットはヤマメ用の小さなものです。何回も寄せようとしましたがうまくいきません。そして、ついに、すくうことに夢中になる余り堰堤から足を踏み外しちゃいました。全身ずぶ濡れになりながらも、なんとか小さなネットに無事ランディング。ヤッター!!!
上流の橋からすべてを見ていたギャラリーのカップルさんからは、拍手をいただいちゃいました。
記念写真を撮り、メジャーを当てるとジャスト50センチの堂々としたニジマスでした。再会を期して優しくリリース、無事に流れへ帰っていきました。ずぶ濡れにはなりましたが、換えの着物に着替え、大満足で帰路につきました。次の目標はトリプルファイブ。555ミリ。


[PR]
# by Dickerson7012 | 2017-01-28 19:00 | 釣果

今年の最後はウグイでした。残念!

b0047412_23242743.jpg
柳の下のドジョウではないですが、前回のニジマスを釣った川のポイントをひつこく狙いました。他のポイントや池の方に回ったりで、3回も入り直しましたが、最近の冷えこみでニジマスは答えてくれませんでした。そんな中、32cmのイダ(ウグイ)が2回も釣れてくれました。ヒット直後はこの前のよりは大分小振りとすぐにわかりましたが、魚体を見た時は銀色に輝くものですから、ヤマメかとも思いましたが、しかと見るとイダと分かりました。メジャーを当てると32cmの堂々としたものでした。魚っ気の無い寒さの中、坊主覚悟でしたが、今年最後の釣りを締めくくるのは外道という結果に終わりました。来年は50cm超えのニジマスを釣りたいものです。ちなみに池ではルアーを引き、1回だけ40cm超えのニジマスらしきチェイスがありましたが、これっきりでした。

[PR]
# by Dickerson7012 | 2016-12-29 23:25 | 釣果

ついに釣りました! 美ニジマス37cm♂

b0047412_1841062.jpg
昨年から、渓流が禁漁になった後に通っている里川にて、野生化したグッドコンディションのレインボートラウトを釣ることができました。1年越しの念願成就です。
堰堤下のポイントにて、上流側からウエットフライでアプローチしました。数投し、流れが緩やかな左岸脇流をリトリーブ中に当たりがあり、同じところを流すもその後当たりはなく、右岸側や中央部をしつこく流し、中央部で小さな当たりがありましたが、ヒットに至りませんでした。少しあきらめかけ、再度、左岸にアプローチ。リトリーブ中にズドンという当たりとともに、お待ちかねのヒット。鋭い突っ込みで堰堤下に潜られ全然動かなくなりました。巻かれてばらしたかなと思いつつ、余分なラインをリールに巻き取り、少し緩めて暫時待ち、引いてみると、出てきました。右へ突っ込み、左へ突っ込み、さんざん引きづり回され、やっとの事で浮かせることができましたが、ネットが小さいのと、満月のように曲がった#5ロッド、そして増水気味のため川の流れの圧力が強く、中々上流側へ寄せるのに苦労しました。5,6回目でやっとネットインできました。バンザーい!!!ネットに余りある堂々とした雄ニジマスでした。緩い流れにて記念撮影。メジャーを当てるとジャスト37cm。ヒレピンの美ニジマスでした。その後も、少し流しましたが沈黙にて場所を移動し、数カ所を回りましたが沈黙。しかし会心の大物が釣れ、大満足で帰路につきました。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2016-12-03 18:41 | 釣果

憂秋の美ヤマメ

b0047412_22141280.jpg
大雨の後でもあり、川は平水位より10㎝ほど高いようでした。川岸のアシは下流側へなぎ倒され、引きちぎられしており、大水の痕跡があちらことらに見られる中、少しでも水流の緩いところを丹念に探っていきました。結果は20センチが最大で15匹の釣果が得られ、増水の中の釣りとしてはマズマズでした。丁寧に流し、自然に流せたときの出方はヘッド&テールで何の疑いもなくフライを加えてくれたヤマメが3匹、絵に描いたような会心の釣りができました。最後のヤマメは深まりゆく秋を憂うような婚姻色が色濃く出た美ヤマメでした。今年のヤマメはこれが恐らく最後となります。今年もたくさんの思い出を作ってくれた渓魚に感謝しつつ、名残を惜しみつつ、川を後にしました。あ~来年の解禁が待ち遠しい。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2016-09-25 22:15 | 釣果

夏ヤマメ その2

その1 から続き
b0047412_22105858.jpg

その後も遡行を続け小さいのを数匹掛けましたが、堰堤上の流れがあまりにも魚っ気が無いため下流へと移動。しばらく遡行し、本日2匹目となる美ヤマメは写真の22cmでした。渋い夏ヤマメが2匹も楽しませてくれ、程よい疲れで帰路につきました。
[PR]
# by Dickerson7012 | 2016-08-02 22:11 | 釣果